logo
shopping-logo
繊維の「摩耗サイン」に気付いたら、そろそろ買い替え時。

2020.04.02 #肌着とスキンケアの読みもの

繊維の「摩耗サイン」に気付いたら、そろそろ買い替え時。

新しい肌着に替えるタイミングは、繊維が摩耗してきたときです。

・小さな毛玉が出てきた
・生地が少し薄くなった気がする
・くたびれてきた印象がある

これらが繊維の「摩耗サイン」です。

毛玉は、摩擦によって繊維が絡みあうことでできます。洗濯するたびに小さな毛玉ができるようになったら、繊維が摩耗している証拠です。
生地が少し薄く感じたり、くたびれてきた感じがしたら、そろそろ買い替えのタイミングです。

繊維が摩耗してくると、生地がごわごわしてきます。
肌着はいつも肌に触れているもの。ごわごわした肌着を着ていると、一日中ずっと小さな違和感が続くことになります。肌への刺激も強くなってしまいます。

気持ちよく着ていられることは、肌着の大切な役割です。洗濯後の肌着に「摩耗サイン」を見つけたら、買い替えを検討してみてください。

肌着を長く着続けるために大切なこと

自分にあった肌着はできるだけ長く使っていただきたいもの。肌着を摩耗から守り、長持ちさせるために、気をつけたいポイントを2つお伝えします。

・洗濯のしかたに気を付ける
・一日着たら休ませる

こうしたことを意識するだけでも、肌着を長く使い続けることができます。

https://note.com/hakuro_wear/n/n8729b59cda87

その他の特集ページ

全国30代~60代の女性300名を対象に「インナー・肌着に関する意識調査2021」を実施しました。


その結果、40代女性の90%が加齢による肌の変化を感じており、30...

毎日暑い日が続きますね。ジメジメと湿度の高い日は、特に不快に感じることも多いのではないでしょうか。
皆さん...

HAKUROは、デザインにもこだわりとメッセージを込めています。
ロゴやパッケージ、キービジュアルにコンセプトブックまで。

GW休業と商品配送について