logo
shopping-logo
夏こそインナーウェアを。肌触りのよい夏肌着。

2020.07.22 #肌着とスキンケアの読みもの

夏こそインナーウェアを。肌触りのよい夏肌着。

暑い季節を快適に過ごしたい

毎日暑い日が続きますね。ジメジメと湿度の高い日は、特に不快に感じることも多いのではないでしょうか。

皆さんは、夏の暑い時期にもインナーウェアを着ていますか?
できる限り薄着でいたいからと、素肌に直接トップスを着ている人も多いかもしれません。

意外に思われるかもしれませんが、インナーを1枚着たほうが、暑い季節はもっと快適に過ごせるのです。

 

 

汗対策と、冷え対策

暑さで汗ばむ季節。着ているものが肌に張り付いて、不快に感じる時がありますよね。
汗や皮脂が洋服に直接つくと、生地が痛む原因にもなってしまいます。

夏は暑い、だけではありません。女性がいつも悩まされる「冷え」。
汗をかいた後の湿った服によって冷える「汗冷え」や、冷房による身体の冷え。
身体を冷やして体調を崩してしまわないように、夏こそ冷え対策が大切です。

吸水性の高い素材や、速乾性に優れた素材のインナーを着用すると、トップスが汗で身体に張り付くのを抑えられますし、汗冷え対策にもなります。
また、冷えやすい腰やお腹を包む「腹巻き」をつけたり、着丈の長いインナーを着ることも、冷房対策に効果的です。

 

薄手のコットン100%=快適夏肌着

夏を快適に過ごすための機能性素材はいろいろありますが、敏感肌の方は「やっぱり綿がいい」ですよね。
合成繊維を着ると肌に合わなくて痒くなってしまう……という方も、柔らかく肌にやさしい綿なら安心して着ていただけます。

綿素材は吸水性が良くても乾きにくいから……と、敬遠されている方も多いのではないでしょうか?
安心できる綿素材を、暑い時期にも着てほしいという思いから、HAKUROではコットン・リブという薄手の綿100%の肌着を用意しています。

 

 

とても薄くて、汗を吸ってもすぐに乾きやすいコットン・リブ。凹凸感のあるリブ編みなので、着ていてベタつくこともありません。

伸びがよい素材を使って、縫い目が脇の部分の素肌に当たらないように工夫した縫製をしているので、着ていることを忘れてしまう素肌のような着心地を実現しています。

敏感肌の方はもちろん、暑さを理由に夏に肌着を着たくない、という方にもおすすめです。

コットン100%の夏肌着で、暑い季節もしなやかに過ごしていきましょう。

 

HAKURO「コットン・リブ タンクトップ」の詳細はこちら

その他の特集ページ

毎日暑い日が続きますね。ジメジメと湿度の高い日は、特に不快に感じることも多いのではないでしょうか。
皆さん...

HAKUROは、デザインにもこだわりとメッセージを込めています。
ロゴやパッケージ、キービジュアルにコンセプトブックまで。

肌着の買い替えタイミングを意識されたことはありますか? 今回は、肌着の買い替えタイミングについてご紹介します。