logo
shopping-logo
綿の肌着が「肌にやさしい」理由。

2020.02.13 #肌着とスキンケアの読みもの

綿の肌着が「肌にやさしい」理由。

インナーウェアは、一日中ずっと身につけているもの。だからこそ、肌にやさしい「肌着」を選んでほしいと、私たちは考えています。
HAKUROの「コットン・ガーゼ」と「コットン・リブ」は、ともに綿100%の素材で作っています。

天然繊維と化学繊維

綿素材は植物からとれる天然繊維です。
天然繊維は、植物や動物の毛など、自然の素材で作られたもの。綿(コットン)、麻、絹、毛などが代表的です。

一方の化学繊維は、化学的に合成や加工をして作られたものです。ポリエステルやナイロン、アクリルなど、さまざまな種類があります。
化学繊維は、それぞれ機能的な特徴があることが多いです。生地にするときに糸の組み合わせ方を工夫すると、繊維のもつ特徴をさらに引き出すこともできます。

肌にやさしい綿素材

綿素材は、肌に触れたときに柔らかく、触れた瞬間に「やさしさ」を感じられます。これは、綿繊維の先端が丸みをおびているため。柔らかさが「やさしさ」を呼び、それが着心地の良さへとつながります。

また、着たときに静電気が起きづらい性質があるため、刺激が少ないということも「やさしい」要素です。

適度な通気性と吸水性を兼ね備えていることも、綿素材の特徴です。多少の汗をかいても快適に過ごせることがインナーウェアの素材にとっては大切です。

綿の特性の秘密は、繊維の形にあります。マカロニのように中に穴があいた構造になっていて、この微細な空洞が水を含んだり発散したりするときに働いているのです。

糸や編み方で変わる「肌触り」

素材だけではなく、生地に使われている糸の細さや編み方によっても、「肌へのやさしさ」は変わります。

糸の太さを表す単位として、「番手」という単位がつかわれています。数字が大きいほど糸は細くなり、一般的に、細い糸で編まれた生地ほどなめらかな肌触りになります。

生地の編み方によっても肌触りは変わってきます。
例えば、HAKUROの「コットン・ガーゼ」が採用しているガーゼ編みは、生地の間に空気の層があり、肌あたりのやわらかさが特徴です。リブ編みの「コットン・リブ」であれば、伸縮性が高く身体にフィットしやすいため、リブの凹凸感による肌との摩擦が少なく、肌にやさしい編み方といえます。

https://note.com/hakuro_wear/n/n064afacf2421

その他の特集ページ

毎日暑い日が続きますね。ジメジメと湿度の高い日は、特に不快に感じることも多いのではないでしょうか。
皆さん...

HAKUROは、デザインにもこだわりとメッセージを込めています。
ロゴやパッケージ、キービジュアルにコンセプトブックまで。

肌着の買い替えタイミングを意識されたことはありますか? 今回は、肌着の買い替えタイミングについてご紹介します。