logo
shopping-logo

夏こそ!綿インナーを取り入れて、快適に過ごす

あなたはまだ「直着」派? 夏のインナー事情

蒸し暑い夏が訪れました。今年も白いTシャツが流行ですが、夏の服の下、皆さんはインナーを着ていますか?

薄着でも洋服に透けたり響きにくい「Tシャツブラ派」や、便利な下着と兼用できて締め付けの少ない「ブラトップ派」も、最近は多いかもしれません。

さらに、空気中には気温ごとに水蒸気を含むことが出来る量の限界(飽和水蒸気量)が決まっていて、同じ湿度でも、気温によって空気中の水分量が違い、気温の低い方が水蒸気量が少ないそうです。メンバーの殆どが30代の女性という、HAKUROの女性スタッフ勢は断然「インナーを着る派」が大多数。「下着が透けて見えるのが嫌だ」という理由以外にも、「夏でも冷え性と戦っているので手放せない」いうタイプの女性も多いようです。

実は、夏こそインナーを着る方が快適って知ってた?

暑くて重ね着をするのが苦手、という方も多いかもしれません。が、実はインナーを着る方が、むしろ快適に過ごせるという人は多いんです。夏にインナーをおすすめする理由をご紹介します。

・汗で服が肌にペットリする不快感を軽減
汗を素早く吸収してくれる吸水性の高い素材の肌着を1枚着ることで、服が身体に張り付くのを軽減してくれます。また、直接洋服に汗や皮脂といった汚れがつきにくいので、お気に入りの洋服を長持ちさせることができます。

・クーラーや汗冷え防止に
汗をかいた後濡れたままの生地が肌にあたると逆に身体が冷える汗冷えをおこしやすくなります。冷房による身体の冷えには吸水性の高さと、速乾性に優れた肌着を着用することで汗冷えを防ぐこともできます。

・快適な夜の睡眠のためにも
汗、実は夏場はコップ一杯の寝汗をかくと言われています。肌着には汗を良く吸い、お気に入りのパジャマを守る役割もあります。また、寝冷え予防として、肌着だけをパンツインしてお腹冷えを守ることもできます。

HAKUROのインナーが夏におすすめな理由4つ

夏に相応しいインナーを探しているという方におすすめなのが、HAKUROの「コットン・リブ」というシリーズ。

超薄手に作られた綿100%の、よく伸びる生地でつくりました。身体にフィットし、着ていることを忘れてしまうほどなめらかな着心地が特徴です。薄手なので、夏場以外にも、春先や秋口など温度調整が微妙な季節の変わり目にもおすすめです。

・非常に薄く、カラっと汗が乾きやすい
夏にも快適に着ていただくために、汗をよく吸ってくれる吸水性の良い100%綿素材を超薄手に編んでいます。夏に毛足のある綿の肌着に抵抗があった人も、抵抗なく着ていただけるのではないでしょうか。

・肌に張り付きにくい製法
わざとの凹凸のある「リブ編み」という製法を採用しているのですが、これには大切な理由が。
実は、この凹凸があることによって、生地が肌に直接触れる表面積が少なく済むんです。これにより汗で生地が肌にペタッと張り付く不快感を感じにくくなります。

・伸びが良く、アクティブに動いても快適
さらに、リブ編みによってとても伸びが良い生地に仕上がったことも大きな特徴です。海や山など自然を感じるレジャーなどでアクティブに動き回ることが増える夏。動き回ってもしなやかに身体にフィットするので、素肌のように着ていることを忘れてしまうような着心地です。

・お肌の敏感な方も安心
最後に、HAKUROのインナーは着心地だけでなく、毎日触れるものとして、お肌にとって良いことを追求するために、綿100%の生地を採用しています。綿は柔らかく肌にやさしいので、合成繊維の衣類を着用すると肌に合わず痒くなる…という敏感なお肌の方にも安心して着用していただけることもメリットの一つです。

今年の夏も大変蒸し暑くなってきました。心地よさを求めるために「あえて一枚着る!」のがコツなんですね。快適な夏を手に入れて、ぜひ元気に過ごしましょう!