logo
shopping-logo

秋に着たい、美しい大人の白シャツ。

意外と悩む白シャツのインナー事情

暑さが落ち着いてきたこの季節、何か新しいことを始めたくなったり、目標を掲げてみたり、心機一転したくなりますよね。
新しいことに挑戦したくなる秋に、爽やかで、かっこよく美しく、ワンランク高い自分に引き上げてくれる白シャツ。白シャツこそ、大人になるほど、着こなしが面白く、また難しくもあるかもしれません。

秋に着たい、1枚で美しく決まる白シャツ。
シンプルだからこそ気をつけたいのが、合わせるインナーの選び方。
この季節、白シャツをさらに美しく着こなすためには、どんなインナーを選んだらいいのでしょう?

快適に、美しく着こなすための4つのポイント

秋に白シャツを着るとき、気にかけたいポイントを以下にまとめてみました。ぜひ意識してみてくださいね。

・インナーの色が透けないこと
・インナーの胸元が襟ぐりに響かないこと
・インナーの袖丈がシャツに合っていること
・気温の緩急が激しくても、快適なこと


この時期にオススメ。こんなインナーを選んでみて!

白シャツ姿を美しく見せてくれて、快適に過ごせるインナー選び。
インナーひとつで、その日の過ごし方と仕上がりが違ってくるものなのです。

ポイント①色味は、薄いグレーやベージュやブラウン系をチョイス!
白シャツだからと言って、白いインナーを合わせると、かえって透けてしまうのをご存知でしょうか?
透けないインナー選びは、自分の肌の明るさに近いものをセレクトするのがポイント。
色が白く、地肌が明るい人は薄いグレーやベージュを。標準よりも肌色が濃い人はブラウン系を合わせるのがおすすめです。

ポイント②インナーの襟元は、開襟シャツに響かない襟ぐりの空いたラウンド型に。
いろんな白シャツがあるけど、開襟で少し胸元をあけてるくらいが大人のオシャレですよね、でもそこでインナーが見えてしまうのは避けたいところ。
襟ぐりの空いたバレエネックタイプなら、安心です。 

ポイント③袖丈は、汗が気になる場合には「半そで」がおすすめ!
この時期、まだまだ気になるのが脇汗です。脇もしっかりとホールドし、だけれど締め付け感のない、半袖タイプのインナーがおすすめ。
大切な白シャツをインナーが汗汚れからしっかりと守ってくれます。

ポイント④素材は、コットンを!
気温の変化が激しいこの時期に1枚着てると良いのがコットン(綿)製の肌着。
綿素材は吸水性が良く、適度な通気性も兼ね備えているため、汗ばんでも快適に着ていただけます。

コットンは、生地が柔らかく肌にやさしいのも特徴。合成繊維の衣類を着用すると、肌がかゆくなったり、乾燥するという方にも安心して着用していただけます。

HAKUROのインナーで、美しく快適に過ごす

これらポイントを押さえたHAKUROオススメのインナーがこちらです。

インナーは、肌に直接触れるからこそ、肌にやさしい素材を選んでほしい。
HAKUROの「コットン・リブ」は、綿100%の素材で作られています。
また、通常のおよそ半分ほどの細さである「80番手」という極細の糸を使用しているため、とてもなめらかで柔らかい肌触りが特徴です。



「コットン・リブ」は、リブの凹凸によって、生地と肌との接着面が少なく済むため、汗を吸っても乾きやすく、ベタつきにくいのが特徴です。
また、非常に伸びが良い素材なので、着ていることを忘れてしまうほどの素肌のような着心地です。

皆さんも、ぜひHAKUROの肌着と白シャツを合わせて、快適な着こなしでお出かけしてみてください!